list スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
あなたのポチッとが、毎日の頑張りに繋がります☆:笑 `♪ヾ(・∀・)ノお願いします!
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
list BM杯:~予選の部~編
BM杯:~午前の部。ドラミ・練習走行~編の続きです★


昼食終了後、予選が行われました。
個人戦の予選はすべて1コーナーで行われます。
予選は、エキスパートクラスから行われます。
午後は、コースを横断して中での観戦ができます。

1コーナー、イン側にポジションを取り観戦するためにカメラを持ってゆういちと向かいます。

私たちが見始めたときには、すでにエキスパートクラスの最初のブロック予選が終了していました。
さすが、エキスパートクラスの選手のドリフトは迫力がありました!!

ビギナークラスと確実に違うのは成功率の高さ

あと、自分の【ドリフトを魅せるタイミング】でコーナーに飛び込んでくる!

予選はルーレット方式で行われたため、前を走行する車が失敗すると、イエローフラッグが振られ、ドリフト走行することができません。

それも、審査員が審査しやすいタイミングで各車が走行しないと、
審査員も判断しづらいしね。

ビギナークラスに目立つのは、
やはり周りの失敗が多くて自分の実力を発揮しきれない選手。

特に1コーナーは、進入スピードも高く、ミスった時のリスクも相当です。



そこで、観戦している私たちが気づいたこと。

あれだけ危険なコーナーのオフィシャルが仕事していない!!
(゜Д゜)オイ!!

オフィシャルといっても、旗を振っていたあのお兄ちゃんに限定していますが、140~150km/hでコーナーに飛び込んでくるのに、目の前にスピンしている車両がいたり、大きなパーツが落ちていたりしたら、本当に危険です。

その為に、一番見晴らしのいい場所で旗を振っているはずのオフィシャルが、スピンしたりコースアウトしている車両をぼけぇ~っと眺めているんだから、ありぇない!!
(||゜Д゜)ヒィィィ!(゜Д゜||)



誰が見ても危険な状況で、黄旗を振らない。

そのために、コース上の状況を把握しきれずに、飛び込んできた車両が二次災害をこうむったりしていました。

主催者や、サーキットの人たちは認識しているはずです。

開催のたびに、
「窓は閉めましょう」「ヘルメット・グローブは必ず!」
と言っているんだから、運営に関して事故等に対する意識はしっかりあるのだろうと思いますが、アルバイトの旗振りの子まで、指導が行き渡っていないのは問題があると思います。

参加者は走行料を支払い、決められたルールを守って、さらに危険が伴うことは承知の上で大会に参加していますが、運営側の人はやはり「最低限の安全」をせめて旗を振ることで約束してくれるべきだと思います。

今大会で、オフィシャルが旗を振るべき時に振らなかったのは一度や二度ではありません。

あたしも一回気になってしまってから、ずっとチェックしていましたが、
うちのチームの皆が危険にさらされたのだって何度もあった!!

だから許せないの!!
~(((((((((((((っ゜ロ゜)!!
まさとれの助手席側のドア、派手にへこんだし!!:笑



特に、先ほども話したように、
ビギナークラスでは走行車両の間隔もあまり開いていなくて、危険回避が難しいタイミングで飛び込んできているため、たくさんの二次災害を目にしました。

参加者はあんまり気付いていないかもしれませんが、
かなり粗悪なもんだったんだょ。

あの旗振りの兄ちゃん。

本当、運営の人に命預けて走ってるんだからよろしく頼みたいもんですね。



さて、本題!!:笑(脱線しすぎたね)

予選、最初にうちのチームが登場するのは2ブロック目。

まさとれとポントレが走行します!

予選が始まって、まさとれとポントレが仲良くコーナーに飛び込んできました(実はあんまり詳しく覚えてないけど:笑)
P8281083.jpg



3周目あたりから、ぽんとれがいません…(;´∀`)

「コースアウトでもして、コース復帰できないんじゃない?」

とユウイチと話していましたが、なかなか戻ってきません。

なんかあったのかも…

その間にまさとれは何本かイイ走りを決め、途中コース上に落ちていたバンパーに派手に体当たりしたり、コース幅を目いっぱい使いすぎてTE37(ホィール)をやっつけたりしたようですが、まずまず☆

ついにぽんとれが戻ってこないうちに、2ブロックの予選終了です。

携帯やトランシーバーで連絡を試みますが、誰にも通じません。
ナンデナンデ(つд゜o)?!

そうこうしているうちに、次のブロック予選が始まりプロAさんが走ってきました!
P8281087.jpg


危なげないドリフトにホッっとしながら、観戦していましたが、
依然ぽんとれの状況が分からなかったため、このブロック予選終了後に一度みんなの所に戻りました。



すると、すでにビギナー決勝準備でピットロードに並んでいたみんなの顔はちょっと曇り気味…(;´∀`)

ポントレは、周回中に勢い余って審査区域外でドリフト中にリムを落としてしまい、
タイヤ交換が間に合わずに、コースに戻れなかったそうです。

まさとれは先ほどの通り、TE37をやっつけ、助手席のドアをべっこりへこましたことに落ち込んでいました(^^;)



とにかく、1コーナーでの審査はこれで終了。

次は3コーナーに移動して、各クラス決勝を応援します!
残念だったポントレも、個人戦決勝は観ておくということで、
みんなで3コーナーに移動して観戦です!
気を取り直していきましょう!!:笑
☆(・∀・☆)(☆・∀・)☆

BM杯:~決勝の部①~編 に続きます★
スポンサーサイト


 
あなたのポチッとが、毎日の頑張りに繋がります☆:笑 `♪ヾ(・∀・)ノお願いします!
【2005/08/28 22:00】 サーキットのこと | track back(0) | comment(0) |
comments
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://sidewayrunner.blog11.fc2.com/tb.php/121-9fe00500
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。